« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月14日 (月)

謹賀新年(●^o^●)

あけましておめでとうございます!

アッという間のお正月でした~(~_~;)まずは新年のご挨拶を・・・(少し出遅れました!)

昨年、最後にお伝えしましたように、今年のブログはいろいろな”施術”について、出来るだけライブ感覚でお伝えしたいと思っております!

なぜかって、それは身体機能向上を求めこのブログにたどり着いた方が、少しでもヒトの偉大な自然治癒力と当方のアプローチの手段を知っていただきたいと思うからです。そして、多方面の介護事業と比較された結果、当方の活動内容をあらためて見直して頂けたら御の字です。

実際、当方の活動とはどんなことをしているのか、皆様が一番気になるところだと思います。高齢化社会を迎えてからは”介護予防”の重要性が問われていますが、私どものノウハウはまさに”運動に始まり、運動に終わる”のです。全身にはたくさんの関節があり、それをまたぐ筋肉や靭帯などが存在します。老化による関節障害は簡単には避けらませんが、その原因を簡単に申しますと”動かさない”ことが原因となっています。これは誰にでもわかりますよね?

当方のスタッフは体育系出身の指導者のみ派遣されます。そして高齢者に適した運動アプローチにより、身体機能の回復、維持、そして向上するお手伝いを担わせて頂くのです。動かない関節、動かすと痛い関節、原因のわからない疼痛・・・、100人いれば100種類の症状が存在します。その原因を全身から追求し運動プログラムを展開するのです。情報がごちゃまぜになりがちですが、ヘルパー、介護者は日常生活活動のお手伝いをし、当方は身体機能向上(簡単にいうと体力向上)のお手伝いをしているのです。全然違うのです(笑)

もう対処療法では根治にならないことは誰もが認識している現代で、いまだ薬物や物理療法のみでの治療をひたすら続けている方はまだまだ多いと思われ、お心あたりのある方は早急に治療方法を見直して下さい。その手段の1つとして、当方がお役に立てることをお約束いたします。

今年もどうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »