« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月26日 (土)

集客サロンセミナーに参加して

本日、12:00より南青山整体アカデミーで集客サロンセミナーが開催されました。

人の集まるサロン作りのエッセンスがギュギュッと詰まって、どれもこれも目を見開いて聞き入ってしまいました。すべて大切なことで、その中からピックアップすることは到底容易なことではないのですが、「開業を目指すこれからのわたしのすべきこと。」をテーマに特に印象深かったキーワードをもう一度整理したいと思います。

1.まず将来のビジョンを明確にする

    一歩踏み出す時・・楽観的になれ

    一歩踏み出したとき・・悲観的になれ

    (うまくいかなくて当たり前!でも失敗ではない。失敗は成功と読む。)

    開業した時・・・二回失敗すると諦めるひとが多いが諦めないで続けること。

2.NO!っと言えることの大切さ=本音で付き合う・・・「説得力」に繋がる。

3.「守・破・離」・・・先ず師匠の教えを盲目的に懸命にやる。「守」の時期は長い!!   

           「難しい。」「できない。」は禁句。

4.時間を大切にする・・・感謝の気持ちを常に忘れない。相手あっての私がいる。

               セミナー後のブログの書き込みすぐにやる。

5.本を読む・・・相手が言いたいことが解る=読解力を養う=相手とシンクロできる

           ※病理学、ニュース、介護、など幅広く知っておく必要がある

6.アンテナを張る・・・アンテナ=引用

              日常生活、己が向上できる場はあふれている

              ※「これもらい!」っとアウトプットを常に意識する。いつもペンと

               ノートを持ち歩く。響きのある言葉や印象深いことばを書きとめ  

               る習慣を身につける。そして、アウトプットを試みる。

   

   整体師という職業は、お客様の身体に直に触れること。                 

   信頼されなくてはならない!!

   信頼=説得力・・・確かな技術は絶対。上に挙げた私に必要な1~6のすべきことを    

    意識して取り組んでいくことで得ることができる。

そして、常に「謙虚さをもつこと。自分のものとして受け入れること。ありがとう!っと感謝の気持ちをもつこと。」これも先生から教えていただいた時から心がけようとしていますが・・・毎晩、 一日を振り返ると出来ていなかったことに気付きます。

「因果応報」起こることにはすべて意味があり、陰があれば必ず陽もある!思考は考え方次第!!感じ方次第!生かすも殺すも自分次第!!

信頼され、癒せるセラピストになるため、チェンジし、チャンスを生かしていきたいhappy01

      すごく充実した感動あるセミナーをありがとうございましたnotes

                                            三輪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

第二回ホリスティックストレッチ講座

みなさん。こんにちは!

先日、9月19日(土)10:30~よりホリスティックストレッチ講座を開催しました。

今回は、身体の要である骨盤矯正のペアワークストレッチ方法。そして、股関節、ろっ骨のセルフストレッチの矯正法をご紹介しました。ご多忙の中、アロマ、ロミロミ、リラクゼーション等のサロンに勤務されている方、柔道整復師の学校に通われて勉強されている方、整体の勉強をされている方等、身体の専門性を持ったみなさま、計8名のご参加をいただきました。

指導する私も修行の身でして、まだまだお尻が青く、不束なトレーナーにも関わらず皆様の謙虚なこころ温かい受け答えにとっても感動してしまいました!そして、講座に臨む意欲に熱いものをひしひしと感じました。指導する立場になると今まで見えなかったものが明確に映り、見えてくるんですね~。例えば!眼の眼差しとも言うんでしょうか・・・目が大きい、小さいそんなことではなく、目の奥の水晶体の輝きはその人の指標となる。「将来こうなる!!」っという目指すべき未来像が定まっているのでしょうね。だから今やるべきことが解っていて情熱的な姿勢なんだな。こうなると、指導する立場もよりいっそう力が入りますupwardright「よし!すべて納得して習得してもらおう!有意義な時間だったと思ってもらいたい!!」っと。参加者の皆さんと指導する私たちが一体となった時はじめてそこに信頼感が生まれ、成功した!っと思える講座となる。その点で、わたし自身、相手の方と共感できているか。。相手あっての指導者ですので常に問いかけていかなければならない。反省を次につなげてゆきます!ご参加ありがとうございました。confident

そして、ご感想ありがとうございました。患者さまや、相手の方に自信をもって説得力ある受け答えをするためにも、自分と向き合う為にも、先ずは自分の身体を知ること。ここが最優先!自分の身体の声に耳を傾けることで、自分にとって必要なものが見えてくる。マスコミに左右されることなく、周りに流されることなく、余計なものが剥ぎ取られていく。そうすると自分を今以上に大切にでき、自分を好きになる。そしたら・・相手を受け入れることが出来、感謝の気持ちも育つんだと思います。

ホリスティックストレッチは内観することで、身体の歪みも、心の歪みもきっと矯正できてしまうのですwinkまだまだこれからホリスティックストレッチは皆さんと一緒に飛躍して参ります!!

次回は10月17日(土)12:00~。3時間で行います。

皆さん。心よりお待ちしておりますsign03

ありがとうございました。 

                                        三輪        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

頭蓋仙骨療法セミナーに参加して。

先日、頭蓋底仙骨療法セミナーに参加しました。

私にとってまたまた新たな知識であり、とても興味深い内容で、あっという間の三時間でした。

頭蓋骨と仙骨は同じリズムで動いている。これにも驚きですが、そのリズムとは・・・呼吸や心拍数とは全く関係なく、なんと!!脳からの脊髄液(脳脊髄液)の流れるリズムと一緒に刻んでるのです。

頭蓋骨内から背骨を通って仙骨の中まで通っている硬膜管をこの脳脊髄液という透明な液がパ~ンと一定のリズムを保って流れていきます。一分間に6~10回ほどと言いますから=頭蓋骨も仙骨も6~10回横や下方に動くということになります。

実際に頭を覆うようにして持ち、もう一人は足首を真上からはさむようにして軽く持ちます。するとどうでしょう!!!同じリズムで脚も外側に開く(外旋)したり内側に閉じたりするのです(内旋) 以外にもスロウのなペース。  手首も同じ現象を感じました。flairすごく不思議ですし 神秘的でもありますnight

不定愁訴があるとこの動きが乱れるようです。脳脊髄液の流れを誘導して一定にしてあげることで改善の効果を期待できます。

眼や耳の問題。髄膜炎、むち打ち、外傷からの顔の痛み、アトピー、解熱、鎮痛作用もあるので熱の時も対応できるとのこと。額関節症、斜視、子供の多動症にも効果があるようです。そして今、騒がれているインフルエンザの症状にも使われるようです。

こんなにもたくさんの症状に対応出来るのならば、手技として活用しない訳にはいきません。これからの施術にどんどん取り入れ、臨床と経験を積み、頭蓋仙骨療法をマスターしていきます。

魅力的満載なセミナーありがとうございました。wink

三輪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

最近思うこと。

自然食品を取り扱うお店でも勤務しています。

まだまだ無知なわたしは、最近買った本は目を背けたくなる思いになりました。食品添加物の恐ろしさがどれほどのものなのか、初めてその事実を知りました。

「おいしい!」っと今まで感動して食べていたものは実は添加物を大量に投入して食品に仕立てたものだったという事実。「体脂肪を燃やそう!」っと運動しながら飲んでいた飲料水に含まれる添加物は、動物実験で脳腫瘍が見つかり、白血球の減少、染色体異常の発生などさまざまな異常が出ていたこと。加熱すると子宮ポリープの危険性があることなど。恐ろしく背筋がゾッとします。

食の安全性を求めながらも、目の前にある色鮮やかな食品やおいしい味付けの食品、視覚、味覚、触感。そして、価格が安い、調理が早いなどの便利さに心が奪われ、本来の重要視すべきことを忘れかけていました。価格がぐっと下げられたお惣菜にみんな群がっている光景を目の当たりにすると心配になります。原材料名にはカタカナで書かれた添加物がたくさんです。みんな知っているのかな~。口にする食べ物で細胞が形成され、身体が作られることを忘れかけてはいないだろうか・・・。

適度な運動は身体に良い!っと実行していても食が乱れてしまってはどうもこうもありませんものね。厚生労働省も食品の不透明な裏側の実態をあかしてはくれませんし、やはり自分の身体は自分で守るしかないんですね。

しかし添加物をすべて排除するということはやはり難しいことだそうです。でも、自分の口にするものは自分の健康を保つ上でも知っておきたいですよね。

私が勤務するお店の認知度もまだまだ低いようです。お客さんの入りが少ないように感じます。勤務体制に問題があること。やはりこれかな・・・。もっともlっと、無添加の安全性を呼びかけ、アピールするとともに、真心こめておいしいものをつくっていること。そして一番に来店してくれるお客さんの身体を思って良いものを勧めることを積極的に行って行きたいと思います。

運動と食と東洋医学を融合した「食と健康」の研究はまだまだこれからですflair

三輪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »