« 最近思うこと。 | トップページ | 第二回ホリスティックストレッチ講座 »

2009年9月13日 (日)

頭蓋仙骨療法セミナーに参加して。

先日、頭蓋底仙骨療法セミナーに参加しました。

私にとってまたまた新たな知識であり、とても興味深い内容で、あっという間の三時間でした。

頭蓋骨と仙骨は同じリズムで動いている。これにも驚きですが、そのリズムとは・・・呼吸や心拍数とは全く関係なく、なんと!!脳からの脊髄液(脳脊髄液)の流れるリズムと一緒に刻んでるのです。

頭蓋骨内から背骨を通って仙骨の中まで通っている硬膜管をこの脳脊髄液という透明な液がパ~ンと一定のリズムを保って流れていきます。一分間に6~10回ほどと言いますから=頭蓋骨も仙骨も6~10回横や下方に動くということになります。

実際に頭を覆うようにして持ち、もう一人は足首を真上からはさむようにして軽く持ちます。するとどうでしょう!!!同じリズムで脚も外側に開く(外旋)したり内側に閉じたりするのです(内旋) 以外にもスロウのなペース。  手首も同じ現象を感じました。すごく不思議ですし 神秘的でもあります

不定愁訴があるとこの動きが乱れるようです。脳脊髄液の流れを誘導して一定にしてあげることで改善の効果を期待できます。

眼や耳の問題。髄膜炎、むち打ち、外傷からの顔の痛み、アトピー、解熱、鎮痛作用もあるので熱の時も対応できるとのこと。額関節症、斜視、子供の多動症にも効果があるようです。そして今、騒がれているインフルエンザの症状にも使われるようです。

こんなにもたくさんの症状に対応出来るのならば、手技として活用しない訳にはいきません。これからの施術にどんどん取り入れ、臨床と経験を積み、頭蓋仙骨療法をマスターしていきます。

魅力的満載なセミナーありがとうございました。

三輪

|

« 最近思うこと。 | トップページ | 第二回ホリスティックストレッチ講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭蓋仙骨療法セミナーに参加して。:

« 最近思うこと。 | トップページ | 第二回ホリスティックストレッチ講座 »