« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月20日 (日)

高湿度にご注意!

おはようございます!

昨晩のオランダ戦、強豪国とは言え悔しかったですね~!闘莉王の言葉が胸に響きます。「下手くそなりのプレーで立ち向かう!」弱者であることを受け入れたその言葉は、なりふり構わずボールに、相手の選手に、屈しることなく戦った日本選手の姿に表れていました!下手であることを悲観しないで、受け入れることで未来はひらけてくるのだ!っとメッセージをもらったような気もします。必死で立ち向かう日本の選手、真のサムライ魂を見せてくれました。ありがとうデンマーク戦が楽しみです!!

踏ん張れ日本

 

  っということで、リバイタライズ訪問、今週は梅雨に入りジメジメしましたね~天気の移り変わりで突然の雨ということもありクライアントさんのお散歩も減ってしまったようでした。来週も続くかな・・。ですので、家の中で過ごすことが多くなりますね、湿度には注意していただきたいな。って思います湿度が70パーセント以上になると結露しやすくカビやダニの発生に結びつくと言います。空気中に浮遊するカビの胞子が増えると肺に取り入れる量も多くなる危険がありますから、晴れ間を見つけては窓を開け、風通しをよくしていただきたいな、っと思います寝具類などの天日干しもカビ、ダニ退治となりますね

 

 湿気に負けず、来週も笑顔でお会いしましょう、ネ

                                        三輪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

疲れにご注意!

今日は梅雨に入る前の最後の晴天なり!梅雨に備えて午前中の日差しをたっぷり吸収しました

今週のリバイタライズの報告です。

86歳のクライアントさんですが、先週発症した口唇ヘルペス。先週は左顔面が赤く腫れて大きな出きものがありピリピリするとのことで心配しましたが、出きものはかさぶたとなっていて赤みも腫れも引いていましたひとつ。就寝時、左側頭部を下にすると少し痛みが走るようです。

口唇ヘルペスの原因はウイルスで病原体「単純ヘルペス」と言うそうです。(複雑のような気がするけど・・)1ミリの一万分の1くらいの大きさって想像できません。風邪で熱を出した時、ストレス、疲労、紫外線を浴びた時。。など身体の免疫力低下に伴って発症するようです。確かに、クライアントさんはお庭のお手入れを何時になく念入りにやった。っとおっしゃっていましたから紫外線も受けてるし、きっと頑張り過ぎてしまったのですね。疲労物質である乳酸も溜まって肝臓で分解しきれず免疫を司る脾臓も影響を受けてしまったのかな。

一度感染すると、人間の神経細胞の中に潜伏し、また身体の抵抗力が衰えている時に暴れるからなかなか厄介者ですクライアントさんの側頭部は神経が圧迫されることによって痛みが出ています、また、東洋医学からの内臓の反射ライン胆経に沿っています。まずは疲労物質を分解する肝臓を養生していくため、酢の物を多く摂ることを意識していただくように心がけて、来週は綺麗に完治していることを願っております・・

      来週も皆様がお元気でありますように~☆

                                         三輪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

セロトニン習慣のすすめ

おはようございます!

清々しい日曜日の始まりですこんな気持ちいいお天気の朝はお散歩に出かけたくなりますね~!ブログを書いた後私も美味しい空気を吸いに、セロトニンを身体いっぱい浴びにお散歩に出かけようと思います!

「セロトニン」前回からくどいように記しておりますが、やはりこの物質は優れものなんですね~!今週のリバイタライズでの訪問先のクライアントさんの経過から改めて思い知らされましたこちらのクライアントさんは便秘にひどく悩まれています。もうかれこれ30年以上だそうです。辛いですよね・・生活パターンを聞きますと、やはり夜型ということ、12時を過ぎて1時、2時などしばしばあったようです。1週間。早寝、早起き、を実行していただくよう意識してもらったところ朝、もよおすことが何回かあったようです!!睡眠導入剤も何十年と服用していましたが太陽光を浴びながらのお散歩と、早寝、早起きをこころがけることで今では薬に頼らず夜もぐっすり眠れるようです。うれしいです

生活習慣で身体も心もそして金銭的にもハッピイになれるこの「セロトニン習慣」皆さんにもオススメです

では、私もお散歩行ってまいりま~す

                           三輪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »