« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月25日 (木)

レッツ!エクササイズ♡

こんばんは。トレーナーの三輪ですhappy01

今週も元気に体操して参りました!!

昨日。港区青南福祉会館にてschool。本日。品川区大井区民集会所にてschool。両日とも気持ちのよい朝sunでしたが、少し寒かったですね~。みなさまコートを羽織ってお越しいただき、誠にありがとうございました!

こう寒くなってくると、関節の痛みが出てくる方が多いですね~。伺ったところ今週一番多かったのが膝の痛みです。決まって膝痛のある側のふくらはぎがもう一方と比べるとぴーんと張っているようです。そして、そちらの足関節も硬さがありますね。先ずは、よーく足首を回し関節可動域を広げてあげることが大切になってきますねwink足首が柔らかいと膝への衝撃も軽減しますshineふくらはぎが張っている方は前側のある(拮抗筋)前脛骨筋という筋肉を緩めてあげることでこの張りもとれてきます。あと・・・つぼ=井穴(せいけつ)である足三里をグーっと持続圧で30秒~1分ほど押さえてあげるのも効果的ですconfident

今年の冬は寒さが一段と厳しいtyphoonっと天気予報士さんおっしゃっておりますので、真冬に備え今からコツコツと?!痛みに対応できる身体づくり、痛みをつくらない身体づくりを目指し、楽しみながら体操していきましょう!!

  12月の開催日

  港区青南福祉会館・・・ 1日 ・ 15日 水曜日 10:30~11:30

  品川区大井区民集会所・・・ 2日・ 9日・ 16日・ 23日 木曜日 10:30~11:30

   

    お気軽にご参加ください happy01               三輪                               

            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

こんばんは!とってもご無沙汰してしまいました・・・が毎日元気に活動しております。

今週は、子宮脱のお話です!

訪問先のクライアントさん、一月前辺りから軽い子宮脱症状があるということです。私も初めて知ったのですが、軽いものを含めるとお産の経験のある女性2人に1人はこの子宮脱になると言われているそうです。

骨盤中には膀胱や子宮、直腸が並んでいてこれらは骨盤底筋郡という小さな筋肉の集まりで支えられています。この筋肉で子宮などの臓器を支えたり、肛門や尿道を締めて濡れるのを防ぐ役割を持っているので、緩むと当然支える力が弱くなるため頻尿にもなりやすいようです。クライアントさんも頻尿で悩んでおりました。

「骨盤底筋郡」ここを鍛えていく必要があります!ひとつご紹介します。

椅子に軽く座り、クッションとなるようなものを股の間に挟みます。そのクッションを押しつぶすようにグーっと内側に力をいれます。(10秒くらいを3~5セット行います) 力むことなくしかっりと息を吐いて呼吸にも意識をおきます。

一緒に膀胱や直腸の臓器も下がりやすくため、これからこの骨盤底筋も意識して運動していきます。

 

明日からまた一週間の始まりです!寒くなるとどうしても身体の動きが鈍くなりますね。暖かい居間でじっとしていたくなりますね。お気持ちはよーく分かりますが(笑)そうすると関節~筋肉が硬くなり血流も滞って益々身体は冷えてしまいます。

寒い時こそ!!身体を動かし、筋肉を使っていきましょう!!

ポカポカになりますよ♡

  11月24日(水)10:30~ 

  港区青南福祉会館で中高齢者向け整体活力体操教室開催します。

  何方様も、お気軽にご参加ください。   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

穏やかな日。

こんばんは!

本日、文化の日shine暖かな穏やかな1日でしたsun

am11:00青山へ。リバイタライズ活動開始です!

お天気がいい日はクライアント様の調子もいいようです!気圧が身体にこんなにも影響してくること、日々思い知らされますね。これから寒い寒い冬に向かいますが、身体を温め筋肉をほぐし、 ミネラルたっぷりの天然水を飲んで頂くことで骨や髄を司る腎臓をより養生し、長い冬をクライアント様と供に笑顔で乗り越えていきたいと思いますsign03

明日は冷え込むとのことですよtyphoon

 

    ちょっぴり風邪気味の私、はちみつ生姜湯を飲んで早めにオヤスミします☆

     皆様も風邪、ひきませぬよう・・・clover

                                三輪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »