« 冷え対策 | トップページ | ツボ押し棒を有効利用 »

2012年10月11日 (木)

秋はヘルニア?!

今宵も鈴虫がいい音色を聴かせてくれています♪

こんばんわ!トレーナー三輪です

朝晩と冷えますね。皆さんお変わりありませんか?

やはり、季節の変わり目は体調を崩される方が圧倒的に増えます!今週の巡心流体操教室、そして整体院に先日立て続けに来られた方と、腰の痛み、(ヘルニア)を訴える方が目立ちました。

タイミング良くも?!昨日は腰痛に対応した授業でしたので皆様にもこの時期腰痛になりやすいメカニズムをお伝えしたいと思います

夏から秋へと季節の移り変わりによって乾燥した冷たい風が吹くようになります、気管支に異常をきたし、くしゃみや(せき)が出やすくその際、お腹に力が入り、その衝撃で圧迫気味であった腰の骨と骨がクシャッっとつぶれクッションとなっていた椎間板が飛び出し、神経に触り痛みが発症腰に痛みを訴える方は皆さん、腹筋がとっても硬く、腰からお腹側に走行する筋肉である大腰筋(だいようきん)が硬縮しています!腰が痛いからと言って巷で常識となっている腹筋トレーニングは実は逆効果って(※腹筋をストレッチで伸ばしてあげましょ☆)ですから、くしゃみなど瞬間的にお腹にギュッと力が入るこの時期にヘルニアになりやすいってことです

高齢になるとこの椎間板自体が減ってくるためヘルニアにはならないんですよへ~!!

では、月曜日にまたこの続きを・・・☆  お楽しみに

明日もみなさまがツイテル1日でありますように☆★

|

« 冷え対策 | トップページ | ツボ押し棒を有効利用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋はヘルニア?!:

« 冷え対策 | トップページ | ツボ押し棒を有効利用 »