« 骨盤・下半身連動矯正法 | トップページ | 骨盤ワーク »

2012年12月16日 (日)

良き指導者になるために。

こんばんわみなさん。師走ですね~2012年も残り2週間となりました!

今日は春のような暖かい1日でしたね明日からまたグッと冷え込むみたいなのでみなさん体調管理に気をつけてくださいね!!

2012年も豊かなシルバーライフを提案し、リバイタライズ活動に力を注ぎました。今年は介護施設に赴き、体操指導をするという新たな挑戦がありました

クライアントの今年88歳になられたU様。先月、トイレでバランスを崩し転倒してしまい、身体の打撲で痛みが引くまでベッド上での生活が2週間あまり続きました、「寝たきりは寝かせきりから始まる」と言うが如く、見る見るうちに関節の稼動域が狭くなりはじめました、動かすと痛みが走る為、しかめっ面をするU様。しかし、このままでは歩けなくなってしまう危機感が先走り何とかして少しでも動かしていこうと・・・痛みが引いた現在では徐々に稼動域を広げメキメキと回復に向かっています!最近では専ら車いすの移動となってしまいましたが、年明けには部屋から30メートルの広場まで歩いて行けるようになると思います。がんばります

「寝かせきりが寝たきりを招く!」現場を目の当たりにし、まさにその通りだと確信しました。様々な楽しそうなイベント盛り沢山な施設なのですが、ご本人はあまり興味を示さず、「行かなくてもいいんだけどな~」とつぶやいたり。ご自身の意思を尊重するとあり、拒んだ際にはベッドで寝ていることもしばしばあるようです。

「寝るほど楽はなかりけり・・・」最近の口癖です。。。

私にも介護業界で活躍している友人がいますが、「連携プレーが重要なんだよ!!」と常々言っています。まさに私もそう感じます、ご家族、施設のスタッフの方々と情報交換をしあい、同じ方向性で協力してはじめて事は(目標)は成功するのだと思いました

そしてご本人自ら動きたくなる気持ちを起こさせる為にはどうしたらよいかを考えること「寝るほど楽はなかりけり・・」寝ていたい気持ちをなくさせる方法を見つけること。

でもそこには楽しく笑顔でなくては全く意味がありませんしかめっ面をさせてまでトレーニング指導をするのは失敗でしたね笑いながら楽しく運動、ストレッチをし気づいたら歩いて広場まで行けた!となるようにしたいっと強く思います

臨機応変に適切なトレーニング指導は勿論+出来る限りの連携プレーを試みて、もっともっとU様の誠実な関心を寄せ、もっともっと私が笑顔を絶やさず様にし、もっともっとU様の立場に身を置くことを努力し、実行していきます

人間が1番ほしいもの(欲求) 自己の重要感

重要感を与えられる人となることが、豊かなシルバーライフを提供できる善き指導者だと信じています 顔晴るぞ~!!

未来がとっても楽しみです

 

|

« 骨盤・下半身連動矯正法 | トップページ | 骨盤ワーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良き指導者になるために。:

« 骨盤・下半身連動矯正法 | トップページ | 骨盤ワーク »