« 姿勢良く座る為に | トップページ | 正座を崩して鍛える »

2012年12月 1日 (土)

怪我の予防と肩こり緩和に

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
本日のコラム紹介は2006年44話「怪我の予防と肩こり緩和に」となります。お試し下さい。

ダイビングを含むあらゆるスポーツはもちろん、腕を伸ばす、物を取る、投げる等の日常の動作において、身体の根幹である胴体、特に肩甲骨は重要な役割を担っています。

この部分が硬いと腕だけを動かすことになるため、肩の関節を痛めてしまいます。そしてこの蓄積が肩こり、五十肩、腱鞘炎、首痛の原因になるのです。
肩甲骨と腕とは関節を形成していますが、肋骨や背骨とは筋肉で繋がっているだけで関節ではないので、浮遊骨と呼ばれています。背中が硬いというのは、筋肉と肩甲骨が“癒着”している状態を指します。

次のエクササイズを行ない、肩甲骨は本来自由に動くということを認識し、肩こりを予防しましょう。
四つんばいになり、腕は肩幅くらいに開いて伸ばします。伸ばしたまま背中を反らせ、胴体を垂直に床方向へ落として肩甲骨を浮かせます。次に背中を丸め、肩甲骨より肋骨を天井方向へ浮かせます。

Karada44_01 Karada44_02

繰り返し行い(10~20回)、肩甲骨周辺の筋肉をほぐしましょう。



お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
 info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
動画はこちら     http://youtu.be/qIgwvMsIfwY
FaceBook始めました  http://www.facebook.com/takuo.sasaki.9
日本徒手整体アカデミーHP  http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会  http://www.kotuban.info
受講生の声はこちらの掲示板から  http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら  http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

|

« 姿勢良く座る為に | トップページ | 正座を崩して鍛える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪我の予防と肩こり緩和に:

« 姿勢良く座る為に | トップページ | 正座を崩して鍛える »