« 東洋気功的健康法 | トップページ | 中心を作る »

2012年12月11日 (火)

仙骨のセルフ調整

皆様こんにちは!院長の佐々木です。
本日のコラム紹介は2008年63話「仙骨のセルフ調整」となります、お試し下さい。


今回ご紹介する仙骨(せんこつ)は、身体バランスにおいて要の骨です。

骨盤の中にある骨ですが、この仙骨の上に背骨が配列されているので、いくら首や腰、背中のバランスを整えても、仙骨が歪んでいると根本的な改善にはつながりません。

身体に何かしらの不調を感じる時、病気の時はこの仙骨が傾いています。

両足を閉じて膝をしっかり曲げてから上半身を前屈します。背中が曲がらないように意識しながら両手を合わせ、上半身を大きく右に捻っていきます。

Karada63_01240x180 Karada63_02240x180

この時、無意識だと骨盤=仙骨も一緒に動いてしまい、左にスライドしてしまうので、意識的に仙骨を右側にキープするように力を加えます。同様に反対側も行ないます。

Karada63_03240x180Karada63_04240x180 
Karada63_05240x180

左右を比べて捻りにくいと感じる側があれば、仙骨が傾いています。1セット20秒を目安に行い、捻りにくい側をもう1セット行なって修正します。

既にご紹介した骨盤=腸骨の調整の後に行えば、さらに効果的です。腰痛の予防となり、しっかりとした身体の軸を作ります。



お問い合わせ、お申し込み、御意見等お気軽にご連絡下さい!!
 info@aoyamaseitai-ac.com  TEL・FAX03-3477-7009
動画はこちら     http://youtu.be/qIgwvMsIfwY
FaceBook始めました  http://www.facebook.com/takuo.sasaki.9
日本徒手整体アカデミーHP  http://www.aoyamaseitai-ac.com/
日本徒手整体トレーナー認定協会  http://www.kotuban.info
受講生の声はこちらの掲示板から  http://aoyama.bbs.coocan.jp/
佐々木学院長の写真付コラムはこちら  http://melmaga.toy-ken.co.jp/karada/

|

« 東洋気功的健康法 | トップページ | 中心を作る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙骨のセルフ調整:

« 東洋気功的健康法 | トップページ | 中心を作る »